安く開発するための工夫

かぴそふとでは、できるだけ安く開発できるよう様々な工夫を
していますがその工夫の仕方について解説していきます。


維持固定費が少ない

1番大きいのはこれだと思います。企業様に頼む場合、たくさんの人数を
常時雇用する人件費や会社の設備費など莫大な金額をフォローできるだけの
金額で請け負う必要があります。そのため必然的に高くなります。
当サイトの場合は人件費や設備費など固定された費用は少なく、
臨機応変に対応できるためお安くなっています。


過去の資産を生かした開発

過去に開発したソースを利用した開発をすることで手間を減らすことができ、
結果として安く・早く開発することができるようになります。
当サイトでは、そういった過去の資産を生かした開発を行っております。


損益分岐点の低さ

維持固定費が少ないということから損益分岐点が低いことがわかります。
損益分岐点を低くすることで、少しの売り上げで利益をあげれるようになるので
その分顧客の方々に還元することができます。


必要な分だけ開発

例えば携帯の契約のような必要のない機能までついてきて
その分お金がとられるといったことはありません
必要な分だけ開発することで安くすることができます。


認識のずれを少なくする

機能などの認識のずれを少なくして、見積もり前にUIデザインなどを
必要に応じて提示することで途中の仕様変更を減らし、その分
お安くすることができます。


リスクの低減

世の中にはリスクが高い仕事もありますが、そういった仕事は受けず
リスクを減らすことで全体の値段を下げることができます。


フォロー範囲

契約の種別を何個か用意することで顧客ひとりひとりにあわせた
料金プランを提示することができます。慣れた人は保守サービスがない
安いプランを選択し、慣れてない人は追加料金がかかるがサービスが
充実しているプランを選択することで自分に合った契約をすることができます。

menu

Copyright かぴそふと. All Rights Reserved.